• ホーム
  • 冷え性も改善!「白湯」から始める体質改善

冷え性も改善!「白湯」から始める体質改善

これまで女性に多かった冷え性は、男性にも増え、現代病として扱われるようになっています。
冷え性をおさらいすると、人間の体の中は血液をめぐらせる血管に動脈と毛細血管の2種類存在するのです。
動脈と毛細血管は心臓から送られたきれいな血液を全身にめぐらせることで、全身の細胞を元気付けることで熱を発生させます。
これがよい血管の状態なのですが、冷え性はその血管の状態が悪くなることで冷たい状態になることです。
その原因に挙げられるのが食事で摂取して吸収し切れなかった脂肪分や塩分であり、これらが体内から排出されないとお互いが引っ付き合って一つの固まりになります。
その固まりが蓄積していくと、血管内部の幅が狭くなります。
それでは血管の役目である全身に血液を送れなくなるので、毛細血管で送られた血液が少なくなり細胞が熱を生み出せなくなるというメカニズムなのです。

そのため冷え性改善とは、ひとえに血管内部の老廃物を以下に排出するかにかかっているといえます。
そこで冷え性改善として、近年人気となっているのが白湯を飲んで始める体質改善法です。
白湯から始める体質改善はとても簡単で、40度以上に温めたお湯をタイミングには朝の起きて間もないときと夜の寝る前の2回飲むだけとなります。

血管の中に老廃物が溜まる理由の一つには、血液の中の水分量が少なくなることで流れが悪くなるからです。
その水分が特に少なくなるのが寝ているときであり、このときに細胞が再生する時間帯である代謝が活発に動くことで大量の熱が発生するので汗を出します。
そのため朝起きたときと夜寝るの前のタイミングがベストであり、飲み方としては一気に飲み干すのではなくゆっくりと体になじませるように少しずつ飲んでいきます。
白湯から始める体質改善の期間は、最低でも1週間以上を目安にすると徐々に効果を発揮するのです。
この飲み方をすることによって、血液の中に十分な水分が入るので流れがよくなり老廃物の蓄積を防ぎます。
さらにお湯の温かさが体内をめぐるので、それによって体の代謝細胞が動きやすい温度となり現在ある老廃物を外に排出してくれるのです。
実際に口コミでも、白湯から始める体質改善を1週間という期間で続けたことによる効果によって冷え性改善したという感想が多数となっています。

ダイエットし易い人はどんな人?

白湯から始める体質改善で冷え性を改善したという人の口コミの中に、この体質改善法を行ったことでダイエットに成功しやすくなったという言葉も多いです。
世の中には様々なダイエット法が確立されていますが、実際に紹介されているものを実行しても痩せやすい人と痩せにくい人がいます。
この痩せやすい人と痩せにくい人の決定的な違いとは、やはり自身の体が脂肪の蓄積せず常に消化し続けている体になっているかどうかにかかっているのです。
その蓄積せずに消化し続けているからだというのは、白湯から始める体質改善法の内容にある代謝が関係しています。
代謝とは再生能力をもつ細胞であり、1日経って古くなった細胞を壊してすぐに新しい細胞に作り変える作業を常に続けているのです。
そんな代謝細胞とダイエットの関係は、食事から摂取した糖質や脂質を栄養源として活動するため円滑に活動してもらえば痩せやすい体になる理由といえます。

しかし、代謝細胞は弱点があり、それは円滑に活動するためには糖質や脂質の栄養源だけでなく満足に動くための温度が必要ということです。
その温度というのが36度から37度であり、この温度を維持しないと代謝細胞が動かなくなり脂肪が燃えにくくなります。
冷え性というのは毛細血管が活動できないほどの老廃物が溜まっている状態であるため、代謝細胞が活動しにくい温度である36度以下になっているのです。
そこで白湯から始める体質改善を行なうことで、白湯の温度である40度以上の温かさを吸収すると体が温まります。
お湯の水分で血流がよくなり、さらにお湯の温度で体の体温が36度から37度になれば代謝細胞が活発に動ける状態になるのです。
そのため白湯から始める体質改善は、冷え性改善の副産物としてダイエット成功しやすい体にしてくれます。