• ホーム
  • 最新スーパーフードの紹介

最新スーパーフードの紹介

スーパーフードという呼び名はもともと1980年代にアメリカやカナダで使われ始めたもので、世界に広まったのは2000年代に入ってからです。
栄養分が高い割に低カロリーで、抗酸化作用を持ち、これを摂取することで老化を防止したり、生活習慣病の予防になるなどの効果が期待できる食品というのが主な定義になっています。
日本でもこれまでにもいくつかの食品が話題になり、ブームを呼んできました。
中にはあまりの人気で入手困難になった食品もあります。
現在は定番になったものもありますが、毎年必ず新しいスーパーフードが雑誌やテレビなどでも紹介されています。
ここでは、そんなスーパーフードの最新トレンドを見ていきましょう。

まずはタイガーナッツです。
ナッツと呼ばれていますが、実際はカヤツリグサと呼ばれている植物の地下茎にできる塊のことをさします。
ビタミンEや鉄分、マグネシウムなどを多く含み、食物繊維も豊富です。
一説にはゴボウの5倍以上の食物繊維が含まれていると言われ、とくに便秘がちな女性には注目されています。
また、ナッツ類と違ってカロリーが低いのでダイエットにも向いています。
一般的に売られているものは皮がついた状態で豆類と同じようなサイズにカットされていますので、おやつとしてそのまま食べることができます。
味はほんのり甘さがあり、歯ごたえがあるので、食前に食べることで食事量を減らす効果もあるでしょう。
さらに、タイガーナッツは低GI食品でもあるので、血糖値の上昇を抑える効果も期待できます。

もう一つ、注目されているのがキャッサバ粉です。
これまで低カロリーでヘルシーな粉といえば、ココナッツから作られたものやそば粉などが定番でしたが、小麦粉の代用として使えるのがキャッサバ粉です。
これは、アフリカや中南米、東南アジアなどで食べられている根菜類(イモ)から作られている粉で、これらの国では1万年以上前から主食として用いられています。
グルテンやナッツなどがふくまれていないので、アレルギーの人でも安全に食べることができます。

ダイエットは体の中から綺麗にしよう

これまでダイエットといえば、無理な食事制限やきつい運動をするイメージでしたが、それでは長続きしません。
また一時的に体重が減ったとしてもすぐにまたリバウンドを繰り返してしまうことも多かったでしょう。
現在は、そんなダイエットにもスーパーフードが効果的だと言われています。
スーパーフードにはその定義にあるように、抗酸化作用や老化防止、生活習慣病の予防などの効果が期待できるものが多いのが特徴です。
栄養価はあるのに、低カロリーで体の中からすっきりできる要素もたくさん含まれています。
そこで上手にスーパーフードを取り入れて、食事制限や運動をする前に痩せやすい体作りをしてからダイエットを始めた方がより効率的に、しかも綺麗に痩せることが可能になります。
また、ダイエット後もスーパーフードを食べ続ければ、リバウンドも防ぐことができるでしょう。

具体的には、既出のタイガーナッツのほか、チアシードもおすすめです。
チアシードはたんぱく質やミネラルなどの栄養素や食物繊維のほか、αーリノレン酸が豊富に含まれています。
これはオメガ3系脂肪酸の一つで、コレステロールや中性脂肪値を低下させて血液を綺麗にしてくれる効果が期待できます。
食べ方としては、水に十分つけてから食べるのがコツです。
乾燥したまま食べてしまうと健康を害してしまう可能性もありますので要注意です。

また、チアシードは水を含むと食物繊維のグルコマンナンというプルプルした物質ができます。
これが腸を整えてくれる効果が期待できるので、必ず水を含ませてから食べましょう。
便秘などのほか、冷え性などにも効果が期待できます。

そのほか、米と一緒に炊いて食べることができるもち麦なども注目されています。
これは大麦の一種で健康維持に役立つβーグルガンや食物繊維が豊富です。
白米の約26倍の食物繊維は、腸内環境を整え、便秘などによる不調を防ぐ役割をします。
食べ方は、米に混ぜて炊くだけでOKです。
もち麦の分の米を減らすこともできるので、ダイエット食としても最適です。